有効利用を考える

有効利用を考える

2

これだけ注文していれば時計が壊れているってことがあるわけです。

%で言えば大体5%くらいは駄目なので、毎回『壊れていましたよ~』からの『分かりました。次回の注文時にリカバリィします』って話しになります。

…次が無いこともあるのは内緒ですが、もめても引き伸ばしに合うだけなので、多少の妥協もします。

で、壊れた時計はそのまま私の手元に残るのですが(返品とかはほとんどの問屋ではありません。コチラで処分です)、これの使い道が悩むわけです。

当初はオークションに出したりしていたのですが、数がまとまらないと手間ばかりかかってどうしようもないので、ちょっとまじめにリメイクしてみることにしてみました。

一番初めに思いついたのはレジン作品だったのですが、世の中み~んなレジン一色…とまではいいませんが、今更感は否めないので却下。

次にいきついたのが和紙作品ですが、時計のサイズに見合ったガラスカボションが手に入らないので、これも却下。

あれこれ、却下をし続けて今回の試作に行き着きました。

時計の機械部分を全て取り去り中に天然石のさざれをギュウギュウニ詰め込みました。

気持ちを安定させたり、ポジティブに向かわせたりするといわれる、アメジスト、アベンチュリン、シトリン、ペリドットなどを入れています。

ギュウギュウに詰め込んでいるので振ったくらいでは混ざり合ったりすることはありません。

石の種類を変えればまた違う感じで楽しめます。

一応、形になったので完成といえますが、もう少し何かしたいと思っています。

1

こちらはブレスレットverです。

モノヅクリをはじめたばかりの頃、天然石が大好きで集めまくっていたので、手元にはいろいろな天然石がお蔵入りになっています。

日の目を見せてやることが出来るのでしょうか…?

 

 

アクセサリ作品カテゴリの最新記事