ステンレス硬すぎ

ステンレス硬すぎ

1

チェーンメイルのブレスレット時計はシルバーverも出そうと計画しています。

そこで丸管調達の話になるわけですが、当然国内で買うより海外から輸入した方が安くなりますが、海外のシルバーカラーの基礎金具は品質が悪いものが多く、ハズレを引きやすいのも手を出しにくい理由です。

それでもこの値段は非常に魅力的なんですよねぇ…

結局、値段の誘惑に負けてしまい、発注してしまいました。

ただ、『安かろう悪かろう』ということを心配しまして、輸入問屋さんの中ではお高め設定のショップを選び、材質も真鍮ではなくステンレスを選びました。

…本当にステンレスなのか…?

という新たな心配が芽吹くわけですが、仕方ない。

 

それから2週間。

届いた丸管は驚くほどの高品質でした。

以前買った丸管は輪の切れ目が雑で斜めで閉じようとしても綺麗に閉じることが出来ませんでした。

ところが今回の丸管は切れ目が綺麗なので閉じると綺麗な円に仕上がるのです。

これは、しょっぱなから当たりを引けたのかもしれない…と、浮かれモード。

まぁ…本当にステンレスかどうかの不安は拭えませんが。

 

早速、丸管繋いで試作のブレスレットを作成してみました。

小さい丸管と大きい丸管を組み合わせて制作したシンプルなブレスレットです。

最大サイズの丸管を購入してしまったため、かなりごっつくなってしまいました。

女性が身につけるにはちょっとハードすぎですね。

それから制作してみて分かってことですが、ステンレスは硬すぎで重すぎでした…orz

ひとつひとつペンチで開いては閉じて、閉じては開いて…

2時間かけて仕上がったのは写真のブレスレット1本のみでした。

あ~手が痛いわ…豆だらけです。

うーん。効率を上げる方法を編み出さないとこの先制作し続けるのは難しいですね。

制作そのものはすごく楽しいのに…。

 

 

アクセサリ作品カテゴリの最新記事