共通化出来ず

共通化出来ず

小さながま口バッグには、斜め掛け用の太めのチェーンをお付けして出しています。

自分でも使っていて、個人的にはこのチェーンで十分事が足りると思っていたのですが…

「チェーンが食い込んで痛い」

という身内からの意見がありまして、A4横サイズの斜め掛けの肩紐を別売りでお出しすることにしました。

制作する人間ならわかるかと思いますが、各々の作品の材料は同じものを使った方が予算的にも効率的にも圧倒的に良いです。

同じパーツを使いまわせば、保持する在庫の量も減りますし。

そう考えて、A4横サイズ斜め掛けの肩紐を使いまわすことにしたのですが、今度は、

「A4用の斜め掛けは幅が太すぎる」

と、意見が上がりました。

…うん、まぁ、私もそう思っていたよ。うん。

明らかにバランスが悪すぎる。

パーツの共通化をしたかったのですが、さすがに無理があったようです。

小さながま口バッグの斜め掛け用の肩紐については、共通化出来るパーツは2種類、合皮テープ部分とカシメ。

合皮テープはトートバッグに使っているものと同じもの。カシメはA4がま口バッグの肩紐に使っているもの。

後のリュック管とスナップフックはどこからか探してこなくてはいけません。

幸いリュック管はA4がま口バッグの肩紐に使っているリュック管を取り扱っている問屋からサイズ違いを入手出来ました。

問題はスナップフック。

価格は当然ですが、サイズ、色、出来不出来具合など1から探すとなると、これが結構手間なのです。

やっと見つけて、届いてみたらカタログとは似ても似つかないものが届くことも多いのあるわけです。

注文してから届くまで1か月程度の納期がかかるのも、いつまでも解決出来ず嫌ですし。

取り合えず、何種類か注文して見極めることにしました。

写真は、今回注文したスナップフックのうちの1種類。

色もサイズも出来も、とりあえずは問題無いようです。

早速斜め掛けの紐を作ってお試ししてみようと思います。

ネットショップでお買い物カテゴリの最新記事