チェーン地獄から抜け出すには

チェーン地獄から抜け出すには

時計問屋が気を利かせて、時計を手配する度に、懐中時計用のチェーンを送ってきます。

一時期、「チェーンはいらないから時計を安くして欲しい」と、交渉を持ち掛けたこともありましたが、うまくいきませんでした。

私はネックレスやバッグチャームに仕立てますが、送ってきたチェーンとは別のチェーンで作る為、ほとんどを使うことは無くお蔵入りさせてしまっています。

金具やチャームをつけて飾りに仕立てることもありますが、それはごく一部です。

ネックレスにするには太すぎますし、バッグチャームとしては、チェーンが固すぎて切りづらいのでこれらの用途には向かない種類のチェーンでした。

「何か用途を考えなくてはまずい…」というところまで、チェーンは増え続けてきていました。

そこで思いついたのが、がま口バッグのチェーン。

大きながま口バッグにはこのチェーンは細すぎますが、小さながま口…先日入手した口金で作るくらいのがま口には丁度良い感じです。

どこかのイベントで斜め掛け用のチェーンでがま口バッグを出している方もいたなぁとも思いまして。

作ってみました!!

早速、このチェーンをバッグに取り付けて、お出かけしてみたのですが、チェーンの強度がどうもイマイチなのです。

正確にはチェーンではなく金具の部分ですね。

販売されているがま口バッグ用のチェーンを真似てみたのですが、金具の部分は形状が似ているということで、以前購入した懐中時計用の金具を使っています。

どうやら、懐中時計は支えられてもがま口バッグは支えられないようです。

通常利用している金具はこのチェーンには不似合いな大きさなので、使えません。

間に合うかどうかギリギリですが、中国の問屋さんに注文してみることにしました。

間に合わなければ、国内で調達します。

折角のイベントですもの。なんとしても持参したいのです。

ただ今制作中カテゴリの最新記事