工作用紙は卒業します

工作用紙は卒業します

バッグの型紙は工作用紙を使っていました。

これは以前少し通っていたバッグ教室や有名がま口サイトの型紙の作り方で「工作用紙で作る」と、倣ったので。

実際、目盛りもあるし安上がりなので、これがベストだと今でも思っています。

ただね、不満もある。

多い時には月に100個以上も同じバッグを作ったりすれば紙で作った型紙は駄目になってしまうのです。

工作用紙の型紙は私のように沢山作るような人間には向かない…

と、ここ最近よく思っていました。

そこで考えたのはアクリル板。

どこかのアクリル板屋さんに型紙を持って行って「これと同じ形に切ってください」と、依頼してみようと思い立って見積もりをしてみたのですが、思った以上に高かった!!

いや、一回切って貰えば半永久的に使えるんだから、依頼した方が良かったのですが、なんだか面倒くさくなり、「どうしようかなぁ…」と先延ばし。

そうこうしているうちに、今使っている型紙も駄目になり始めたので、近くのダイソーへ(結局)工作用紙を買いに行って見つけたのが、写真のPPシートです。

PPだか、プラスチックだか、アクリルだか…まぁ、そのあたりの材質はよくわからないのですが、説明を読んでみれば、ハサミやカッターでも切れるらしいという優れもの。

こ…コレ…これは使える、むしろこれしかない!!!

迷わずその場ですぐに買い、早速、型紙を書き写し切り抜いてみました。

妹が。(私はこういう作業が苦手でしてね…失敗は許されないので)

出来上がった型紙はまさに理想通りでした。

厚さも0.75mmと工作用紙より厚めということもあり、うっかり滑って生地を汚すことも無さそうです。

なにより、樹脂ということで、ヘタることも無いでしょう。

早速がま口バッグ50個分の型を書き写してみましたが、大変満足出来る仕上がりでした。

今後作る型紙もこのPPシートで作っていこうと思います。

 

ただ今制作中カテゴリの最新記事