まずは評価するために

まずは評価するために

がま口の仕上げに使っているペンチとそっくりなペンチを中国の問屋さんで見つけたので、購入してみました。

今使っているペンチもそろそろ寿命で、樹脂の部分はボコボコになってしまっていて、そろそろ買いなおそうかなぁ…と、思っていたところでした。

樹脂の部分(先端白い部分)だけ売っている店も国内にありましたが、中国の問屋さんのは本体丸々買っても樹脂のみより安いので、納期がかかることとまとまった数を買うという条件を許せるなら選択の余地はありません。

ただね…「似て非なるもの」の可能性があるので、まずはちょっとお高くなりますが、1本だけサンプル購入してみることにしました。

届いたペンチは写真の通り。

今使っているペンチと比べてみるとバネの部分が小さな金属板になっているなどの小さな違いが見受けられましたが、ほぼほぼ同じものとみています。

握りしめた感触もそっくりです。

実は、その後今回届いたペンチとそっくり同じものを取り扱っている国内の手芸店を何店舗か見つけました。

どうやら、この金属板に手を挟まれてケガをすることがあるようです。

このペンチでもケガをするかどうかは今のところ判断出来ませんが。

実際に使ってみるところまで試して問題がなければ今後のことも考えて、まとまった数での注文をしようと思います。

今回のペンチの評価は後日また記事をアップする予定です。

ネットショップでお買い物カテゴリの最新記事