和紙作品復活

1

いつもなら全ての材料が揃うまで制作開始はしないのですが、最後のパーツがいつ届くがわからないのと、作りたい衝動が抑えられず作れるところまで制作してしまいました。

丸く切り抜いた友禅和紙を、光沢が出るように処理した後、ガラスカボションに貼り付け先日購入したかんざし金具に取り付けています。

2

ガラスカボションがブックリしていてすごく和可愛い作品に仕上がりました。

先にも書きましたがこのかんざしはこれで完成ではなく、写真の通り管がついているので、ここに今注文中のチャームを取り付けるつもりでいます。

残念なのはこのかんざし金具は金属部分が少し柔らかいということ。

良く言えばしなって髪が結い易い…といえなくもないですが、力を加えすぎると曲がってしまいます。

柔らかいので手で簡単に戻せますが…。

扱いがちょっと難しいかんざしですが、見た目は100点満点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL