柘榴庵弥生会に参加してまいりました。

柘榴庵弥生会に参加してまいりました。

さて…

3月4日、5日に催された柘榴庵弥生会に参加してまいりました。(正式には柘榴庵だけなんです。私、弥生会ついてる方が好みなのでこちらを使います)

参加といっても委託なので、搬入と搬出時以外は不在でした。

ですので、レポートは出来ない…はずだったのですが…

『がま口バッグ持ってくれば良かったのに…』と、主催の方とお隣の出展者の方からご提案いただいたのです。

20日のarteVarieが近いということもあり、柘榴庵弥生会の準備の合間にarteVarieの準備も進めていたので、ツイッターにはその両方のイベントにお出しする作品の写真をアップしていたのです。

アップしたがま口バッグはarteVarieにお出しする予定でした。

すでに何度となく記事をアップしてきたのでご存じかと思いますが、私の制作するがま口は、A4サイズやB5サイズと小銭入れとは程遠いサイズのものです。当然ながら、柘榴庵弥生会に置くスペースはありません。そう考えて、持参したのは時計作品のみでした。

時計のディスプレイこんな感じです。

スペースは何とかして下さるということなり、急きょがま口バッグもお出しさせていただくことになりました。

とはいえ、私のがま口バッグが好まれるのかは出してみないとわからないと思い、とりあえず自宅から3個のがま口バッグを持って再び搬入するために会場へ。

持参したがま口は本当に…ほんっっっとうに大好評で、私自身が超びっくり。

あまりに好評で気をよくした上に大きく成長を遂げたため、2日目朝一に再度納品することにしました。

翌日、手持ち出来るぎりぎりの数7個のがま口バッグを台車に括り付けふらふらしながら無事搬入。

出入り口の目立つところにディスプレイしていただきました。

このままお手に取って頂くところを見ていたい…と思っていたりしたのですが、合計10個のがま口バッグをお出ししたことにより、20日のarteVarieに持参するがま口の在庫が少し不安になってきたので、後ろ髪惹かれる思いでしたが、制作する為に帰宅することにしました。

お陰様で、制作ははかどり何とかarteVarieにも数を揃えられそうなところまでこぎつけることが出来ました。

搬出時刻が迫り、一旦制作を止め、ギャラリーへ。

ギャラリーへ向かう道中「もしかしたら、まったくお買い上げいただけなかったかも」と、急に心配になり、調子に乗って10個も持参したことが恥ずかしくなりだしていました。

結局、この心配は全くする必要のないものだったわけですが…。

今回持参した10個のがま口はなんと9個お買い上げ頂くことになりました。

すごい!!すごくうれしいです。2日目に追加で納品して良かったです!!

主催者の方とお隣さんの提案を受けて本当に良かったです!!

時計も好評いただくことが出来、うれしいことばかりのイベントになりました。

お買い上げ頂いた皆様、お手に取って下さった皆様、本当にありがとうございました。

主催、並びにご一緒させていただいた、作家の皆様、ありがとうございました。

 

次回は3月20日のarteVarieへのイベント参加になります。

当分はがま口制作ばかりの日々になりますね。

嬉しい悲鳴というやつですね。これは。

イベントカテゴリの最新記事