二口口金買ってみた

二口口金買ってみた

ツイッターやブログで取り上げられているのをよく見かけるうちに作って見たくなりました。

親子がま口。

『作りたいスイッチ』入ったのであれこれ調べて、海外の問屋さんに見積もり依頼を掛けて回答待ちをしていたところまでいって、予想外のことを知ることになったのです(笑)

その時点で、実は、可愛い可愛い~と、浮かれるばかりで実物の親子がま口を見たことが無かったのですよ。私。

写真だけ見て『小さいがま口と大きいがま口作って口金つけて完成』と、ただ漠然と思っていただけ(まぁ、概ね合ってるんですけどね…はは)

まずは挑戦してみないと何も始まらないよっ。

と、いう気持ちで鼻息荒く見積もり回答待ちをしていました。

『でも、思ったよりモノはいりませんよ?ペットボトルも多分駄目でしょ?』

そう、三省堂書店さんの作品展で足を運んで下さった方から教えられたのです。

 

そっ…そんなこと考えもしなかったぁぁぁ。

ただ作りたい作りたいって気持だけで先走っちゃったよ。

その後、親子がま口を手にとる機会があり無事『なるほど、確かに思ったよりものが入らないわ』という結論に至りました。

いや、正確には私が入れようとしているものが入らないという意味です。

たとえば小銭とか通帳とかなら問題ないと思うんですけどね。

私が作りたいのはA4入るかばんなので、これだとちょっと勝手が悪い。

親子がま口はあきらめよう…

と、思った矢先に見つけたのが今回の二口がま口とか仕切りがま口とかいわれる物。

実は、海外の問屋さんにはこの口金を取り扱っているところは割りと見かけていたのですが、イマイチ用途が分かっていなかったのです。

今回、楽天さんのショップで見つけて『なるほど!』と、合点がいきました。

海外から注文するとまとまった数買わないのといけないのと作り方がイマイチわからないので、今回はこの楽天さんのキットをひとつ買って試してみることにしました。

最終目標はA4サイズが入る二口がま口ですが、このショップではこのサイズしか取り扱いが無いので、まずはこれで。

よ~し!作るぞー!!

っと、その前にイベント準備の方が滞りそうなので、まずは一通りイベントが終わってからになりそうです。

…がんばれ!私、二口がま口がまってるぞっ!

ネットショップでお買い物カテゴリの最新記事