どうせ作るなら両面で

宇宙塗りをするようになって少ししてから思うようになったのは片面だけの宇宙塗りでは無く、「両面宇宙塗りのパーツを作りたいな」ということ。

レジンの場合は、流し込みなので底の無い枠だけで両面パーツを作ることが可能ですが、私が作りたいのはガラス板での宇宙塗り。

さて、どうしようかと考えている矢先に写真の空枠を見つけました。

これだと2枚のドーム状のガラス板を用意するだけで両面の宇宙塗りが出来上がるはずです。

ただ、希望の半球形状のガラス板を見つけることが出来なかったので、そこが残念なんですよねぇ。

あと、円の直径が18mmとちょっと小さいのも残念。

こういうのは大きければ大きいほど格好良く仕上がると思うのです。

あれこれ文句がばかりになってしまいましたが、ひとまず宇宙塗りのガラス板を2枚用意してパーツを仕上げてみようと思います。

出来上がりましたら、写真をアップしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL