何もない日は

『何もない日は1日1個がま口を仕上げる』を今年の目標に据えています。

もともとコツコツが苦手なタイプなのですが、去年のようにぎりぎりで1日10個仕上げるとかは、非常に苦しいことを今更ながらやっと理解できたので、今年は余裕が出来たらコツコツ作ることにしました。

去年の5月のarteVarie(2日間)制作したがま口バッグが1日目で完売してしまったため、『もっと作ってくれば!!!』と盛大に後悔したので、今年はそんなことにならないように去年の倍の数をノルマとして自分に課しています。

まぁ、罰は無いんですけどね…

写真は今日仕上げた灰色のがま口バッグです。

照明のあたり具合で、柄が浮き出るというちょっと変わった合皮を使っています。

この合皮が非常に厚手で、通常の作り方で仕上げようとすると、生地が厚すぎて口金に取り付け出来ないので、ポケットの部分の生地を薄いものにして仕上げてみました。(通常の作り方の場合は、ポケットに使っている生地も外側と同じものを使っています)

たまたま薄い合皮がこのピンク色しかなかったので使ってみましたが、灰色が際立って予想以上に良い感じに仕上がりました。

今後は、外側とポケットで違う合皮を組み合わせて制作していくのも面白いかもしれません。

例えば、無地の外側に柄のポケットなど。

…センスが乏しい私には思い切った冒険はハードルが高いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL