畳縁のショルダーバッグを作ってみよう

畳縁のバッグの作り方で当サイトに足を運んでくださる方は多いです。

…作り方、載せて無いのは申し訳ないなぁ…と、思いまして、作ってみました。

畳縁のシンプルショルダーバッグです。

3回くらいで完成までこぎつければと思っています。

このショルダーバッグは、内も外も持ち手も金具と糸以外はすべて畳縁で仕上げています。

型紙もありません。直線縫いのみです。

尚、小さい写真はクリックしていただければ大きく表示されます。

【本体の作り方】

・11cm幅の畳縁2mを3本、切って縫い合わせます。

それを70cm2枚と60cm1枚に切り分けます。

2

(3枚の生地になります)

・60cmは両端を三つ折で縫います(縫い代は1cmです)

3

60cmの方が外側のポケットになります。

・70cm1枚と60cm重ねて真ん中をまっすぐ縫います。

4

畳縁は折り線が簡単に付くので、70cmと60cmを半分に折って折り線をつけると真ん中に会わせやすいです。

・↑コレを60cm部分を内側にして半分に折りたたみ両端を1cmの縫い代で縫います。

6

・マチを縫います。25mmくらいが理想です。大きいマチがご希望でしたら30mmでもいいかなぁ…

7

 

8

 

11cmの畳縁って手芸店で取り扱ってないと思われますので、通常の畳縁で写真撮ればよかったと後悔。

楽したくて3本で作ってしまったんですよねぇ…

通常の畳縁の幅って8cm程度。

10cm近く横幅が縮んでしまうとやっぱり恰好がつかないので、4本にして作ることをお勧めします。

 

今日はここまで、続きは明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL