型紙を新調しました

型紙を新調しました

合皮のがま口バッグの用に型紙を新調しました。

今までの型紙は縫い代を含んでいたのですが、合皮には裏地をつけていないので、この縫い代の分、口金を嵌めると撓んでしまっていたのです。

撓みに関しては調整に調整を重ねて目立たないようにしていますが、この調整に時間非常にかかってしまっていまして。

こんなに時間かかるなら型紙作り直した方が早いという結論に達しました(笑)

本当に調整にすごい時間かかってたのです。

縫ってるより口金取り付けてる方が時間かかっるんじゃない?ってほど。

当初は、裏地無い分生地が薄くなるから口金の中で動いてしまってるとか勘違いしてしまい、接着剤を増やしたりしていたのです。

間違いでしたが。

新調した型紙は縫い代の分1cm小さくなっています。

合皮はしっかりしなやかなので、畳縁よりも取り付けに時間はかかりますが、今までより実感できるほど早く完成させることが出来るようになりました。

型紙って本当に大事だなぁ。

ただ今制作中カテゴリの最新記事